人生100歳時代の看護

週間医学界新聞の新春随想で日本看護協会会長が、人生100年時代を想定して、全ての看護職に、ニーズをとらえる力、ケアする力、協働する力、意思決定を支える力、が必要だと書いています。新しくはなく、今までもずっと挙げてきた力だとは思いますが。

一方で、特に今年は、2015年に特定行為に係る看護師の研修制度が施行されたことを受け、地域で支える看護師として、臨床推論、フィジカルアセスメント他、特定行為のできる看護師の活躍のための制度作り促進を大きく取りあげていました。医療の必要な患者の地域での診療およびケアのニーズに対してです。社会変化によって看護への社会からのニーズは変化し、大きく医学的技術的な方向にシフトしていることがよく分かる内容だと思いました。しかし、これが人生100年時代を生きる人々とどう関連していくのか、ケアする力、協働する力、意思決定を支える力とどう関連するのか・・・これにはあまり触れられていません。

実際は、目まぐるしく変化する社会からのニーズをキャッチするのが遅れ遅れで、何に診療報酬がつくのかに絡んで、あまりまとまりなく進んでいて、そのなかで看護師が専門に行うケアとは何か言語化しきれない現状、誰とどう協働するのか、誰の意思決定をどのように支えるのか、十分討論されていない実情が沢山潜んでいるように思います。

ニーズを捉えることは大事とは言え、つい最近まで心の看護と言っていたら、今度は技術の提供が必要、と、方向を右に左に変えながら何が看護の専門なのか明確にせず、高齢社会の激動する社会に翻弄されていて、定まらないような、落ち着かないスタートのように感じました。

とくに、意思決定を支えるというのはその人らしく生きるには必須であるけれど、厳しい目標なので、もっと論点の中心にもっていく必要があると気になりました。100歳老人と老人を抱える家族や取り巻く社会関係のなかで関連する人は、患者、家族、住民、医療福祉従事者他沢山います。誰の意思決定を看護の場でどのように支えればいいのでしょうか。具体を考えると非常に難しいのではないでしょうか。

もしかしたら、患者自身や家族の意思決定を支えたいという看護職の強い思いは、看護職自身が揺られて葛藤するばかりの時代のなかに居て、何が看護なのか打ち出せない、自分自身が意思決定できないことへの思いの反映なのかもしれないと思いました。

複雑な事情が絡み合ったなかで、難しくなってきた看護について、事例毎にじっくり考えていく場や力が必要だと思います。制度作りの一つである特定看護師研修体制のなかに、じっくり考える授業が、加えられてほしいものです。

 

 

精神障害者と抱え込む家族

 家の中に15年間監禁され、衰弱して亡くなった精神障害者の記事をみて衝撃を受けました。両親によると、16~17歳から精神疾患にかかり暴れるので監禁していた、と言います。こんなに長期間にわたってどうなっていたのか、娘の愛里さんはどのような体験をしていたのか、家族は誰にも相談しなかったのか、相談できなかったのか、と、この家族の孤独と孤立に、恐ろしくもありまた心が痛みました。

 

日本には江戸時代から座敷牢などがありましたが、1900年に精神病者監護法が制度化し、精神病者を私宅の一室で閉じ込め管理する、私宅監置といったことが起こっていました。1919年に精神病院法が交付され、不足していた精神科病院設置が道府県に命じられましたが、私宅監置が禁止されるには、1950年精神衛生法施行を待たねばなりませんでした。

精神病者監護法は世界的にも異質な制度と捉えられていますが、100年後の現代になっても、こうした事件が起こることに、驚き悔しい思いです。

愛里さんは、発見145cm、19㎏、胃のなかは空っぽだったそうです。16歳の身長としてもかなり低いほうだったかと思います。いったい家族にとって愛里さんはどのような存在だったでしょうか。娘のことは自分たちで責任を取らなくてはならないという思い、世間体や恐怖から外には漏らしてはいけないという押し込め、それから娘を嫌いになって受け入れられなくなってしまったり、そして娘の苦痛への否認もあったでしょうか。

この両親に対しての憤りと同時に、このように子どもを育てられない親が助けを求めることができる場がないのか、積極的に助けることができないのか、それが可能な社会になるには、いったいどうすればいいのか、と苦しい思いです。

 

参考記事 

長女を15年超2畳間に監禁、衰弱して凍死 | 読売新聞 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

奥多摩へ 介護タクシー試乗体験

 

晩秋の紅葉を満喫させて頂いた一日でした。3人のうちの誰が晴れ日を呼んだのか、暖かく気持ちいいドライブでした。

前々から楽しみにしていた介護タクシー試乗体験で奥多摩に向かいました。デイケア用の車両が改造されたものだそうで、車いす、担架が備え付けてあり、しっかりした手すりや補助席もあって乗り心地満点、ストレッチャーが入る長さで車内は広々としていました。

私は同行者の方と一緒に真ん中の3人掛けの席に2人で座らせていただき、奥多摩まで、そして周遊道路をドライビング。

 

下の、山のふるさと村では、青い空と、喫茶店の窓から見えた真っ赤な紅葉、そして湖畔の美しい景色や、ちょっと狂い咲いたかのような桜に心癒されました。

 

f:id:keikonsakaki:20171126221521j:plain

 

f:id:keikonsakaki:20171126222031j:plain

 

f:id:keikonsakaki:20171126222118j:plain

 

f:id:keikonsakaki:20171126222155j:plain

 

そして、ぐるっとまわった後、月夜見第一駐車場から奥多摩湖の素晴らしい眺望。空気もおいしい!

 

f:id:keikonsakaki:20171126222344j:plain

 

遅めの昼食は山菜三昧。麦飯と一緒にお腹がいっぱいになりました。

 

f:id:keikonsakaki:20171126222517j:plain

 

 

f:id:keikonsakaki:20171126222554j:plain

 

感謝感謝の一日でした。

 

f:id:keikonsakaki:20171126222651j:plain

 

ありがとうございました。

明日からも頑張ります。

 

 

 

 

空気を読む

 

Be掲載の部きっ長さんには、いつも笑わされていますが、この土曜日のは、「空気を読む」の巻、面白そうとさっそく読み進めると、新商品のチョコを選定する会議の成り行きでした。

マイペースに自分の持論を素直にアピールする部きっ長さん。自分の意見ではなく、社長の一言一言に揺られ合わせて「調子よく」意見を二転三転させる本部長と常務。流れは本部長と常務に優勢かのようで、権威ある社長に二人が依存するグループが前に出てきて展開し、新商品のチョコの調合の選定という会議の主目的に各社員が忠実に向き合う流れからどんどん外れていきます。

途中、器用に合わせようとしない部きっ長さんがグループから外されて行き心配になりましたが・・・最後の落ち。社長が部きっ長さんの意見は自分の娘と同じ意見だと本部長と常務のすり寄りを翻し、部きっ長さんの意見が取り上げられたのでした。あとの二人は・・・実は部きっ長さんの選んだチョコもありだと思っていたと、社長にさらにすり寄りますが既に遅し。

社長はどのような思惑でこの会議を進めたのでしょうか。チョコを選定する目的と社員の向き合い方と両方を見ていたのでしょうか。

所属グループの空気を読むことにますます重きが置かれ、自分の意見が異なっていても、それは押し込めて、空気の主流派に合わせることが必要とされているような圧力を感じることも多々あり、そういう時には息苦しく感じます。そんな中、部きっ長さんに、愛嬌と親しみを感じました。

  

(部きっ長さん)11月18日:朝日新聞デジタル

ニーゼと光のアトリエ

 年末年始に観に行きましたが、精神科治療やケアについて、多くの示唆を与えている映画でとてもよかったです。短期間ですが再上映されますので、お時間の合う皆様はぜひ足をお運びください。

 

CINEMA Chupki TABATA

11月16日(木)〜30日(木)

 

 


11月16日(木)〜30日(木)『ニーゼと光のアトリエ』 | CINEMA Chupki TABATA

櫨紅葉

このところ晴れた秋空の下をぽかぽか気持ちよく歩ける日が増えています。

近所のスーパーの近くの櫨がきれいです。もみじに比べて気候に影響を受けにくく、美しく紅葉しやすいそうで、日常に温かさを与えてくれています。上の方に、白い実がついています。

 

f:id:keikonsakaki:20171111125309j:plain

ネット上に訴える若者を救う

座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件に衝撃が走っています。一体、どんな動機があったのでしょう。白石容疑者とはどんな背景をもった人なのでしょう。遺体を冷蔵庫に保管していたなど、行動の異様さにも戦慄がはしっています。

被害者の多くがSNSを通じて容疑者とつながったという、この事件の裏に存在する若者の自殺願望を取り上げた記事1)を読んで、いっそう心が痛みました。自殺を防ぐ無料相談ネットのNPO法人OVAの代表理事精神保健福祉士の、伊藤次郎氏および、NPO法人東京自殺防止センター相談員で理事の村明子氏へのインタビュー記事でした。

自治体による自殺防止の相談窓口としては電話での対応が主流で、メールやSNSを活用している例は少ないそうです。一方、若者のコミュニケーションツールの主流はネットであるため、十分対応ができていないというのです。実際、長野県教育委員会がこの9月にLINEで中高生の悩み相談を行ったところ、2週間で547件の相談が寄せられたのですが、これは2016年の1年間で電話などで寄せられた相談件数259件の2倍以上だったそうです。伊藤氏は、ネットの世界での支援のみでは効果が少ないので、行政窓口や病院、実家などリアルな世界へとつなげていくことが重要だと述べていました。また、村氏は、電話相談へのハードルは高いが、つらい気持ちを口にすることで生きていていいんだと気づく人もいる、と述べています。

日本の若者の自殺者数は第二次世界大戦後に一つのピークがあり、それを超えることは無いのですが、現在、国内の15歳~34歳の死因の一位は自殺であり、先進国では日本だけの傾向です。2017年度版自殺対策白書では「国際的に見ても深刻」と指摘されているようです。

若者の心には、その国のあり様や将来展望や希望や絶望が反映されているように思います。閉塞感が強く行き場の無い居場所の無い社会になってきているのでしょうか。若い世代の人たちが、辛い思いを自分に向けてしまわずに、社会関係のなかで、辛さを起こしている問題について共に考えていける社会、地域作りを行っていけたらいいと思います。

 

自殺防止団体連絡先

NPO法人東京自殺防止センター http://www.befrienders-jpn.org/

                03 (5286)9090

                 (午後8時~翌朝6時、火曜のみ午後5時~)

NPO法人OVA http://ova-japan.org/ 

 

1)  朝日新聞朝刊 2017/11/05